新型コロナウイルス感染症防止対策
イベント実施ガイドライン

新型コロナウイルス
感染症防止対策
イベント実施ガイドライン

弊社では、withコロナ時代でも安心してイベントが開催できるよう、公的機関のガイドラインに準拠したイベント実施ガイドラインを策定いたしました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大リスクを最小限に抑え、安全かつ効果的なイベントの実現と実施を検討する企業様のサポートをおこなってまいります。

感染防止のための基本的な考え方

感染防止のための
基本的な考え方

弊社では、イベント現場における感染防止対策の取り組みが社会全体の感染症拡大防止につながることを認識した上で、各イベント現場の特性に応じた感染リスクの評価をおこない、それに応じた対策(3密の回避)を講じます。

1.イベント事業者としておこなう新型コロナウイルス感染症防止対策のポイント

1.イベント事業者としておこなう
新型コロナウイルス感染症防止対策のポイント

1.イベント事業者としておこなう
新型コロナウイルス感染症防止
対策のポイント

  • 会場の広さに合わせた入場制限、入場者の登録・人員管理
  • 入場時・着席時等の距離を離す工夫
  • 参加者が接触しづらい動線の確保
  • 集まる場所(昼食・休憩場所)の時差利用
  • 同一スペースにいるスタッフ・参加者の制限
  • 発声の機会を減らす(可能な限りマスクもしくはフェイスシールドの着用を徹底)
  • 受付・会場内に消毒液を設置し、小まめな手指消毒の実施
  • 検温実施、咳エチケットなどの配慮項目を徹底
  • 共有備品や設備など環境の清掃
  • 密閉空間では定期的に外気を取り入れ換気を励行

2.施工・作業現場における感染防止策

2.施工・作業現場における
感染防止策

3.開催時における感染防止策

3.開催時における感染防止策

①受付まわり-感染防止策レイアウトのご提案
①受付まわり
 -感染防止策レイアウトのご提案
  1. 体調チェック
    • イベント現場に応じて、会場の入口にサーマルカメラを設置、または、非接触型体温計で体温計測をおこなうことを検討する。
  2. 密接回避
    • 対面での受付をおこなう場合、飛沫感染防止ガードによる飛沫感染防止対策を励行する。
    • 会場入口や会場内にアルコール消毒液を設置し、手指の消毒をおこなってもらう。
  3. 密集回避
    • 入場に際して、行列ができる場所はできるだけ2mを目安に間隔を空けた整列を促す。
    • フロア誘導サインを設置するなどして、来場者が密集しないように工夫する。
guideline_35
②イベント会場内-感染防止策レイアウトのご提案
②イベント会場内
 -感染防止策レイアウトのご提案
  1. 会場環境(密集回避)
    • 会場収容人数の50%以下になるよう座席数の設置および人数制限をおこなう。
    • 座席を設ける場合は、1席空けた形で着席を促す。または最低1m(可能な限り2mを目安に)の間隔を空けた座席を配置する。
  2. 衛生管理(密接回避)
    • 登壇者・演者に対して、座席を設ける場合は、1席空けた形で着席を促す。または最低1m(可能な限り2mを目安に)の間隔を空け、座席同士の間に飛沫感染防止ガードを設置し、接触を回避するように励行する。
    • 登壇者・司会者の演台に飛沫感染防止ガードを設置することを推奨する。
  3. 換気(密閉回避)
    • 講演などの前後および、休憩中に会場内の換気をおこなう。
③休憩スペース・ロビー・控室/その他についてのご提案
③休憩スペース・ロビー・控室/その他についてのご提案
  1. 会場環境(密集回避)
    • 対面での飲食や会話を控えるよう促す。または、対面する形でのイス、テーブルのレイアウトを避ける。
    • 休憩中に人が滞留しないよう、間隔を空けたスペースづくりや休憩時間を分散化するなどの工夫をおこなう。
  2. 換気(密閉回避)
    • 屋内空間においては、定期的、または常時換気をおこなう。
  3. 密集回避
    • 設営・リハーサル・撤去などにおいて、十分な時間を設定し、密な空間の防止に努める。
  4. 衛生管理
    • ドアノブ、電気のスイッチ、共有テーブル・イスなどの共有設備については、適宜消毒をおこなう。
④入場制限により参加できない来場者への配慮
④入場制限により参加できない
 来場者への配慮

3密を回避するため、ソーシャルディスタンスを保った座席レイアウトなどを採用した場合、入場制限により参加できない方がでる可能性があります。そのため、より多くの参加者にイベント内容を訴求するための対処法を推奨します。
●会場を2会場に分ける
●開催日程や時間を分散しての開催(複数日での開催や1部・2部制にしての開催などを検討)

配信サイトやイベントでのLIVE中継を、企画から機材の手配・収録・LIVE配信システムサポートまで、全てを一括でお受けすることが可能!
また、オンライン中継だけではなくリアル×バーチャルを活用したハイブリッドイベントをおこなうことも可能。
インタラクティブソリューションによって登壇者と観覧者/参加者同士/アーティストとファンなど、様々な『人と人』のリアルタイムなコミュニケーションを実現します。
トータルサポートならではのお客様のご要望に沿った形で柔軟に対応・ご提案させていただき、新たな体験価値を実現いたします。

4.感染リスクを軽減する備品の調達

4.感染リスクを軽減する
備品の調達

アクリル飛沫ガード
ビニールカーテン
PCPフェイスガード
フロアステッカー

※本ガイドラインは今後、感染症の動向や専門家の知見、対処方針の改訂などを踏まえ、適宜必要な見直しをおこなって参ります。
※ご要望や疑問点がございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。「CONTACT」より随時受け付けております。

お電話:03-5948-3780(平日9:30~18:00)
メールアドレス:tepros_query@symg.co
※個人情報保護は厳守いたします。

PAGE TOP